NEWS-詳細

2018.11.28



FMC経営フォーラム2018

いつもお世話になっております藤沼先生が定期的に開催しておりますフォーラムに「初!」参加させていただきました。
大変に有意義な時間となりましたことに感謝申し上げます。
さて、需要創出型イノベーションが枯渇している現代では、大変に有意義な講義でしたので、その内容と補足を書き記しておきたいと思います。

●ストック型ビジネス

講義内容は、ストック型ビジネスで安定的な収益が得られるというものです。
モデルに関しては検索すれば事例がいくつかヒットしますが、拝聴する限り、ミクロ経済学の独占利潤に近い考え方だなという感想でした。
ミクロでは差別化=需要創出=生産者余剰の増加ですから、個々の企業が繁栄するためにはとても重要なことです。ですから、大変に有意義な講義です。100点です。
一方で、消費者余剰が低下したり、創造的破壊を誘発するといった懸念が生じるかもしれませんが、一定の条件下では独占利潤を長期にわたって得ることはできませんし、豊かになる=破壊が伴うです。
以下、補足となります。

●市場の分類

競争形態は4つ存在しています。独占市場、寡占市場、独占的競争市場、完全競争市場ですが、需給の法則で価格が決定する市場は完全競争市場のみで、為替、株等の市場です。身近な財やサービスではほぼ存在しない市場です。
私達の生活に身近なのは他の市場ですが、独占はタバコ、地域独占では電力でした。寡占はビールやコンビニ、トラック、携帯電話が代表的な存在ではありますが、GDPの7割以上を稼いでいるサービス産業はほぼ独占的競争市場に身を置いています。
参入障壁が低く、価格競争が激しく、利潤低下に陥りがちなのは独占的競争市場です。
けれども、その価格競争を回避することで独占利潤を得ることも可能な市場です。

●独占的競争市場

独占的競争市場はその名の通り、独占利潤を得られる側面もあれば、競争激化による利潤低下が頻繫に起こる市場です。
この市場で利潤ゼロになる=独占利潤を継続して得られないのは、参入障壁が低いためです。独占的競争市場では利益が見込める限り新規参入が続きます。これにより不安定さが増します。
こうした市場で不安定さを免れ続けるためには、差別化に端を発した独占企業化、あるいは差別化の連続が手段となります。開拓した大勢の需要者に対して、唯一の存在になり続けることです。
ストック型ビジネスは差別化による競争回避ですから、経営学における産業組織論の一部を現した概念といえます。事業成功の共通点です。

●ストック型ビジネスを模索するにあたって

資本が安定した収益をもたらすのであれば誰も手に入れたものを売却しませんし、契約も更新されます。
講義においてもその継続性を「何年」とはおっしゃておりません。
後発組の参入だけでなく、まったく別の新しい財やサービスに駆逐されたり、需要そのものが飽和したり、それが贅沢品であれば景気次第で需要者の期待に変化を及ぼし需要が減ることもあります。成功すれば独占利潤は得られるけれども、どこまで続くのかは経過次第だからです。
社会を前進させてきたのはそうした血気盛んな人々であり、勝者が富を得ているのは歴史的事実です。1人の勝者がいれば、その何倍もの敗者がいるのも事実です。
大きなリターンを得るためのコストはそれだけ大きいということも念頭に置いておきたいです。時間もお金もかけず得られるものはそれなりです。
財宝を隠すとすれば、誰でも渡れる橋の先には隠しません。リスク回避の手段がわからないような不確実性だらけの橋の先に隠します。

※消費者余剰の増加を促し経済成長をさせるために競争政策(規制撤廃・強化)が存在するので 独占・寡占化のハードルは極めて高いです。

 新規車両の投入も検討いたします。お気軽にご相談ください。

松正商事電話番号
松正商事

有限会社松正商事

一般貨物運送事業/利用運送事業/派遣事業・請負事業

〒323-0014 栃木県小山市喜沢395

TEL.0285-23-7956/FAX.0285-23-7957

©2017 松正商事 All Rights Reserved.


上に
戻る